0616flyer_omote_03

連歌 鳥の歌 2016
@カタルーニャ/ウクライナ
欧州ツアーファイナル
帰国報告公演

2016年6月16日(木)18時 目黒 BLUES ALLAY JAPAN

チケットの予約はこちら

ウクライナ公演の概要はこちらをご覧ください。


ちゃんと週刊・連歌鳥の歌新聞Vol.18 (2016.06.15発行)

By | 未分類 | No Comments

デイリーニュース「ちゃんと週刊・連歌鳥の歌新聞」の第18号(週刊第6号)を発行しました。

 

今回は、コラム「天響人歌」とスタッフ紹介シリーズ「歌い継ぐひと」。
「歌い継ぐひと」は、シンガーの原久美さんとジャーナリストの大野ゆり子さんです。

 

以下の画像から、ぜひご覧ください。
(画像をクリックをすると、拡大してご覧いただけます。)

 

tyanNichi018

ちゃんと週刊・連歌鳥の歌新聞Vol.17 (2016.06.04発行)

By | 未分類 | No Comments

デイリーニュース「ちゃんと週刊・連歌鳥の歌新聞」の第17号(週刊第5号)を発行しました。

 

今回は、コラム「天響人歌」とスタッフ紹介シリーズ「歌い継ぐひと」。
「歌い継ぐひと」は、ESMUCチェロアンサンブルです。

 

以下の画像から、ぜひご覧ください。
(画像をクリックをすると、拡大してご覧いただけます。)

 

tyanNichi017

ちゃんと週刊・連歌鳥の歌新聞Vol.16 (2016.05.28発行)

By | 未分類 | No Comments

デイリーニュース「ちゃんと週刊・連歌鳥の歌新聞」の第16号(週刊第4号)を発行しました。

 

今回は、コラム「天響人歌」とスタッフ紹介シリーズ「歌い継ぐひと」。
「歌い継ぐひと」は、指揮者の大野和士さんです。

 

以下の画像から、ぜひご覧ください。
(画像をクリックをすると、拡大してご覧いただけます。)

tyanNichi016

banner_mkak

特報!です。
サポーターのみなさまには18日にディスクセットを発送いたします。到着まであと少々お待ちいただくことになりますが、なにとぞご容赦下さい。
さて、まだサポーター申し込みをしていなかった!という方へのおしらせです。
11月18日に上野・東京文化会館で行われる「井上鑑・楽創會」でも受付をしております。賛助金5口以上でお申し込みいただければ、その場でディスクセットをお持ち帰りいただくこともできます。楽創會にお運びのみなさま、ぜひぜひサポーターに!!!
... See MoreSee Less

View on Facebook

ついに完成!!! 発送準備完了いたしました。
連歌・鳥の歌欧州ツアー記録を中心としたブルーレイディスク。
写真のようなオレンジ色のパッケージでお届けします。
---------------------------------------------------------------------------
「連歌・鳥の歌2016 欧州ツアー」サポーターのみなさまへ

大変長らくお待たせいたしました。
「連歌・鳥の歌2016」として実施いたしました、カタルーニャ/ウクライナへのツアーの模様、および、新たな「鳥の歌」映像作品を収録した、ブルーレイ(BD-R)2枚組セットをお届けいたします。

「鳥の歌」の故郷カタルーニャと、チェルノブイリ30年を迎えたウクライナへの2週間の旅の記録は、その質・量ともに予想を遥かに越えるものでした。
しかし、残念ながら今回のブルーレイセットに収録できなかった素晴らしい演奏の数々や出演者・関係者の想いまでも伝わる作品になりましたこと、製作委員会一同、この上ない喜びです。

なお、今回お届けしたものは、カタルーニャでの模様を中心に構成されています。
ウクライナの旅の記録は、ナターシャ・グジーさんをフィーチャーしたブルーレイ作品として、後日、別の形で発表することになりました。2016年末ころには、WEBサイトやFacebook当ページにてご案内できるよう進めていますので、お申込み頂けましたら幸いです。
---------------------------------------------------------------------------

また、2016年版より、より高音質・高画質で記録が可能なブルーレイディスクを採用しました。
再生機器などの関係で従来同様にDVDをご希望の方は、お手数ですが、連歌・鳥の歌製作委員会まで、メールにてご連絡をお願いします。DVD版と交換させていただきます。

Email: torinouta2014☆yahoo.co.jp
※ 上記アドレス内の"☆"は@マークに置き換えて送信先として下さい。SPAM対策のためご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

これからも、「連歌・鳥の歌」へのご支援、宜しくお願いします。
... See MoreSee Less

View on Facebook

連歌・鳥の歌ツアーで生まれたご縁はその後もさまざまにつながりを深めています。そのひとつをご紹介できるのはとても嬉しいことです。
スペインで日々とてもお世話になった方が東京でライブをされることになりました。

チオ・アリンさん。「ちゃん日新聞」でもコラムでご紹介しましたので、「あ、あの人!」と思い出していただけるかもしれませんね。
チオさんのいつも楽しそうな話し声を思い出しつつ、当日を待っています。
... See MoreSee Less

越境する音 el sonido que cruza la frontera

8月 5, 2016, 7:00pm

CORONA BEER SUNSET HOUR 『越境する音:出演チオ・アリン、定村史朗TOKYO LATIN JAZZ CONNECTION〜Descarga Japan』 チオ・アリンです。 8月5日(金)に代官山ハレマメで、ライブです! 今回は、ヴァイオリニストの定村史朗チームとコロナビールとのブッキングです。 私事ですが、2016年はソワソワ、色々感じるところもあって、自分の音楽探求を見なおしているところです。フリージャズといわれる音楽があって、もともと即興するものであるジャズをさらに自由に演奏するわけですが、それはそれは音楽を越えた、同時にとても音楽的なすごい現象になることがあります。 ずっと憧れてきましたが、2016年は憧れがムクムク膨れあがってきたところに、このブッキングの話があり、やったあ!と思った次第です。 「越境」なんてとてもドキドキするテーマ。 定村史朗チームについては、添付のハレマメのHPに詳しく載っていますが、このような本物のマエストロたちの「越境する音」が素晴らしくないはずがありません。わたしが先に演奏しますので、Descargaのときは、わたしもコロナビールを片手に踊るのを楽しみにしています!越境する音の”聴”撃者になるぞ! Descargaはスペイン語で、「荷物をおろす」とか「放電」とかいう意味があって、音楽界で使うときは、「さらけだす」とか「演奏しまくる、踊りまくる」とか、日頃身体や心にためこんでしまうなにかを「放出する」みたいな感じで使います。それで、ジャム・セッションという意味にもなるわけです。 夏真っ盛りの一夜、わたしや宮良さんやマエストロたちの越境する瞬間をみにきてちょ!そして皆さんも、もしよかったら越境してみませんか?へへ @代官山晴れたら空に豆まいて mameromantic.com/?p=45734 前売り4000円(ドリンク代込み)です。開場18時、開演は19時半です。どうぞ、お早めにご連絡してください。 お会いできるのを楽しみにしています。 CHIO ALLIN

View on Facebook

ブルースアレイでの帰国報告公演にはたくさんの方にお越しいただきましてありがとうございました。
さて、いよいよこの週末。井上鑑代表をゲストに迎え、帰国報告上映会第二弾です。
残席が少なくなってきました。畳の上でリラックスしながら(ごろ寝もOK!)、欧州での記録もブルースアレイの記録も交えてお茶飲み会しましょう!!

7月2日(土) 13:30開演
会費 500円 (1ドリンクつき)
会場 ムーレック
   京都市北区等持院南町12-3
お問い合わせ・ご予約
   電話 075-462-3311(11:00~18:00、水・木定休)
メール mojyaking@hotmail.co.jp

ムーレックのサイトはこちらです!
muelek.com/

ただいまブルースアレイの記録も編集が進んでいます。
そこで地元京都のMMMの演奏から1カット!!
... See MoreSee Less

View on Facebook

ちゃんと週刊・鳥の歌新聞 vol.18 報告会ライブ直前号! 発行です。

音楽はコミュニケーション。コミュニケーションのむこうにもさらにコミュニケーションがあった。カタカナだらけ。意志を持った人たちのつながりがそんなにも豊かな実りを感じさせてくれるものになった、今日もまたそんなことを感じつつ。

そして報告会はいよいよ明日。目黒・ブルースアレイジャパンで19時、開幕です!!

www.akira-inoue.com/news_channichi18/
... See MoreSee Less

View on Facebook